次はどんな人が乗るのか知りたい

長年大切に運転してきた愛車を売ってしまったあと、どのような経路を通って、誰の手に渡るのか気になりますよね。
まだ充分走れる状態ならきっと誰かの手に渡るのですが、一括査定後もっとも条件の良かった業者へ愛車を売却したあとの車の行方は基本的に元オーナーは教えてもらえません。
個人情報の保護の観点から開示できない決まりになっているのです。
ですから買い取り業者に渡した時点でその車とお別れしなくてはなりません。思い出が詰まった車であったら少し悲しい瞬間です。

 

ちなみに、多くの人が整備したあとそのまま中古車販売店の店頭に並ぶと思っていますが、それは間違いです。
買い取りした車は全国各地のオートオークションに出品され、他の業者が競り落とします。(オートオークションについてはこちら)
競り落とした業者が初めて自分の店舗の店頭に並べることができるのです。
買い取り業者もオークションに流すことを念頭において査定をしていますので、基本的な査定額の基準になるのはオークションの相場ということになります。

中古車として売りに出せない車の行方

売却した車がどこかの店舗に並ばないということもあります。
それは海外に輸出される場合と、資源として分解される場合です。

 

世界でも立派な地位を確立している日本車がなぜ評価されているかというと、デザインや性能もさることながら、丈夫さ(壊れなさ)と燃費のよさが評価されている点なのです。
オーナーが手放したときでも実はまだまだ国産車なら走れる状態ですから、日本国内での需要がないと判断されたり、オークションで売れ残ったりした車は海外の発展途上国などに格安で売られていきます。
東南アジアの国では型落ちした日本車ばかりが目立つのはそのためです。

 

そして、海外にも売れないと判断され廃車になった車でも、解体され部分的に再利用できるパーツは整備工場に売られたり、一般の方も参加できるネットオークションなどに出品されることがあります。
再利用もできない部分は鉄やアルミなどにされに分解され、資源として他の製品の生まれ変わるのです。