下取りが安い理由

自動車を売るのは、通常は新車やより新しい別の中古車に乗り換えるときです。
自動車を購入する際に値引きやオプションなどのサービスを交渉するのは今や常識となりつつあり、販売店でも最初から値引きセールなどをやっていたりしますので、定価で購入するのは一部の限られた車種になっています。
しかし、その際に「下取り」をお願いしてしまうケースが依然として多く、残念ながらここで多くの人が損をしているのです。

 

まず、新車ディーラーは販売の専門であり、買い取りにはほとんど力を入れていません。新車を買ってもらうサービスの一環として、今乗っている車の買い取りを行っているだけなのです。その為、下取りの査定も完全にマニュアルに沿って行われ、しかも損をしないように相場からかなり余裕を持った査定額になっていますので、最高額の査定結果を出したくてもなかなか難しい状況になっています。
ただそれにもかかわらず、他の選択肢を知らないか、知っていてもさほど差が無いと思っている人が多いので、いわゆる「下取り」という仕組みが成り立っているのです。

ディーラーよりもやはり買い取り業者が最高額

新車ディーラーの下取りという古くからある制度を中古車ビジネスとして行う、いわゆる自動車の買い取り業者について、CMや広告でようやく知られるようになってきました。これらの業者は、自動車を商品として買い取り、買い取った自動車を販売するのが仕事です。
ただでさえ、大半の中古車は新車ディーラーが引き取ってしまい中古の自動車買い取り業者に出回る量が少なくなるのに、競合する会社も多数ある為、他店に負けない最高額の査定を出さなければ、自動車を仕入れることができないのです。従って、必然的に買い取り額が上がるのです。

 

しかし、業者も商売ですのでできるだけ安く買い取りたいのは事実です。何の準備も無く「買ってください」とお店に持ち込んだり、査定を依頼しても何の交渉もしなければ結果的に下取りと同様、言い値で持っていかれてしまいます。そこで、最高額を引き出す手段として、複数の業者の査定を比較する仕組みを持つ、インターネットの「一括査定」と呼ばれるサイトの利用が注目されてきました。
もちろん、自分で何社も探して交渉をしてもいいのですが、この様なサイトを利用すれば探す手間も無く複数の見積りをもらうことができますので、高い確率で最高額の買い取りが実現できるのです。